役に立つ情報、楽しい情報を発信するブログです。

PSプラスのフリープレイとは?加入や支払いの方法を解説

   

free-play

最近まで私は知らなかったのですが、プレーステーションにはフリープレイという物があります。フリープレイとは、要するに「無料でゲームができる」ということ。

据え置きのゲームは当然お金を払って買うものだと思っている人にとっては、なにそれ、そんなのあるの!?って驚くことうけあいなシステムですよね。

フリープレイに配信されるゲームは、毎月、PS4、PS3、PSVITA(たまにPSP)、それぞれのハードで数本ずつ新たにプレイできるように更新されていきます。このフリープレイのことを「フリプ」と略して呼んだりします。

ただし無料と言っても、PSプラスという月額料金が必要なサービスに加入していることが前提条件です。月額500円くらい。じゃあ、無料じゃないじゃん!って声が聞こえてきそうですが…。

free-play01

PSプラスに加入すると、以下の様なサービスを利用することができます。

  • フリープレイ
  • ディスカウント(割引)
  • ゲームトライアル(無料の体験版)
  • 体験版の先行配信
  • オンラインマルチプレイ
  • セーブデータのオンラインバックアップ
  • 自動トロフィー同期

その中の一つにフリープレイも含まれるというわけで、「月額料金以外は不要」って意味でフリープレイなのだ、と認識しておくのが良いと思います。

そんなフリープレイについて、どんな仕組みになっているのかや、加入や支払いの方法などについて解説していきます。

スポンサーリンク

PSプラスのフリープレイとは

遊べるのって古いゲームや人気の無いゲームばかり?

さすがに最新のゲームがフリープレイで配信されることはありませんが、1年以内に発売されたゲームが配信されたりもします。

また、月によってソフトの当たりハズレがあったりしつつ、人気の高いゲームが配信されてネット界隈ですごく盛り上がったこともあります。「フリプがこんなに豪華すぎていいのか?!」みたいな感じで。

過去に配信されたフリープレイのゲームはこちらから確認できます。
過去のフリープレイ | PlayStation®Store 日本

ウィキの方が見やすいかも。
PlayStation Network まとめサイト @wiki – PlayStation Plus

ラインナップの確認方法

現在配信中のゲームラインナップはこちら。
今月のフリープレイ | PlayStation®Store 日本

PS公式ブログでも配信時には記事が掲載されます。
PS Plus | PlayStation®.Blog

フリープレイの更新は、毎月第一水曜日の午前11時頃というのが多いようです。前述のとおり、毎月数本~10本程度の新しいゲームに入れ替えられていきます。

PS+の加入期間が切れたら

PS+の加入期間が切れたらフリープレイのゲームはできなくなります。

再加入すれば以前プレイしたゲームは遊べる

一度PS+の加入期間が終わった後、また再加入すれば、以前プレイしていたフリープレイのゲームがプレイできます。

加入期間が切れてもセーブデータは半年残ってる

2015/05/14現在のところ、オンラインサーバーに保存したセーブデータは、6ヶ月は保管されているという状況です。

つまり、PS+の加入期間が終わって、半年以内に再加入すれば、以前のセーブデータを利用することができます。

加入していない期間に配信されたゲームはプレイできない

自分が加入していない期間にも、他の人はお金を払って加入しているわけですから、後から加入した人がそれ以前のフリープレイのゲームを遊べないのは、当然といえば当然ですよね。

私もチャイルドオブライトをプレイしたかったんですが、残念ながら加入時には配信期間が終わってました。

ただ、たまにアンコールキャンペーンとして、以前のフリープレイゲームも遊べるようになる特別なキャンペーンがあったりします。

フリープレイのゲームは、Web版のPSストアで購入手続きをするのがおすすめ

free-play04

フリープレイで配信されたゲームは、PCやスマホを使ってWeb版のPSストアで購入手続きをしておくのがおすすめです。無料でプレイできるゲームですが、呼称は「購入手続き」と言います。

ハード側だと、フリープレイのゲームをひとつひとつダウンロード(キャンセルしてもOK)する必要があるのですが、Web版だと一括で10個まで購入手続きができて楽ちんなのです。

また、所有していないハード用のゲームでも、PCで購入手続きだけしておけば、配信期間が終わった後でもダウンロードして遊ぶことができます。

例えば、今、PS3しか持っていないとしても、PS4やPSVITAのゲームも購入手続きだけPCでしておくことができます。

そうすれば後からPS4とかを購入した時、そのゲームの配信期間が終了していてもフリープレイで遊べるということです。もちろん、PS+に加入していることが条件ですが。

Web版の購入手続きは、以下のページから行うことができます。
今月のフリープレイ | PlayStation®Store 日本

さて、こんな感じのフリープレイですが、利用するには先程も言ったとおりPS+に加入する必要があります。PS+の利用権を手に入れましょう。

スポンサーリンク

PSプラス利用権の種類

PS+利用権の期間は基本的に3種類。

ps-pluse-free-play02

  • 12ヶ月利用権
  • 3ヶ月利用権
  • 1ヶ月利用権

期間が長い利用権ほど割引額が大きくなります。

PSプラスに加入する時の支払い方法は?

①ゲーム機のPS Storeで利用権を購入する
②Web版のPS Storeで利用権を購入する

どちらの方法も、SEN(Sony Entertainment Network)アカウントのウォレットに残高をチャージし、そこから支払うというプリペイドの形になります。

ウォレットの残高をチャージするには以下の方法があります。

  • クレジットカードで決済
  • PSストアカードを購入して番号を入力する(コンビニや量販店で購入可)
  • モバイル決済
  • 楽天Edy(PS3のみ)

PSストアカードはヤフオクに出品されていたりして、若干安く買えることもあります。入札する場合は出品者の評価などをよく確認してください。

ヤフオクで「PS Store カード」と検索する

③Amazonで利用権を購入する
④店舗で利用権を購入する

Amazonで利用券を購入する場合は、プロダクトコードが送られてきます。それをゲーム機やWeb上どちらかのPSストア内で「コード番号の入力」から入力すればPS+に加入できます。残高をチャージするのとは違うところがポイントです。

購入時にはAmazonギフト券なども使えますが、Amazonのアカウントにクレジットカードを登録しておく必要があります。

Amazonで「PS+利用権」を検索する

④の場合は、PS Plusカードというカードタイプの利用権が一部店舗で販売されています。現在のところ、3ヶ月分、12ヶ月分の利用権のみ販売しているようです。

  • ヨドバシカメラなどの家電量販店
  • ゲームショップ

端数が嫌ならAmazonがおすすめ

①、②の場合、ウォレットは1000円毎のチャージになるので、残高に端数が発生してしまうのが難点。

③、④は端数が出ずにきっちり購入できるので、そういうのが気になる人はAmazonや家電量販店で利用権を購入するのが良いです。

注意!PS+の自動更新は必ず設定される

どの購入手続きをしても、PS+の自動更新設定がされます。そのままにしておくと、ウォレットからチャージが引き落とされ、PS+の加入契約が自動的に継続していきます。

Webからならこちらで止められます。
Sony Entertainment Network

上記ページは、SENのダッシュボード → コンテンツ → ゲーム と移動したページです。

「PlayStation®Plus」を見つけて「自動更新を中止する」をクリックとしておくと、自動更新が止められます。

その他、各ゲーム機から自動更新を止める方法は、以下のページを参考にしてください。

PlayStation®Plus などの定期サービスの自動更新を停止・再開する方法 | PlayStation.com

実際、フリープレイはどうなのか

black-and-white-man-person-eyes

私はフリープレイを利用してみて、次のようなところが良いと思いました。

  • 「興味はあるけど購入するほどでは無かったゲーム」が来るとうれしい
  • 普段やらないようなゲームを遊べるので新しい発見ができる

新作ゲームって一本5000円とか、6000円とかしますよね。それと同じくらいの価格で年間数十本のゲームが楽しめると思えば、お得感は感じられると思います。

その中に遊び倒せるゲームが1本でもあれば元は取れますし、第一、PS+はフリープレイだけのサービスじゃありませんからね。見方によっては安すぎる価格設定かもしれません。

特に、私みたいな久しぶりにゲームをする人間にはうってつけというか、ありがたいサービスだなーと思います。

よく見かけるフリープレイの問題点としては、

  • ゲームひとつひとつを深く楽しめない
  • 「積みゲー」が増える
  • ゲームラインナップの豪華さが月によって差がありすぎ
  • 「フリプに来るんじゃ?」と思って、ゲームを買わなくなる

などのような点が指摘されています。若干、贅沢な悩みも含まれている気がします。

ただ、今までずっといろんなゲームを購入して遊んできた人にとっては、ラインナップが物足りなかったり、「せっかく購入したのに無料になったのか…」というような複雑な気持ちになることもあるかもしれませんね。

フリープレイは、PS4、PS3、PSVITA、PSPと、複数のハードを多く持っているほど有効に活用できます。

配信されるゲームが全然自分の好みでなかったりする場合もありますし、また、ゲームの質が今後も維持されるかは流動的ですので、そこらへんを知った上でサービスを利用するのが良いと思います。

月々ワンコインでこれだけ楽しめればいいや、と思えるなら、ぜひPS+に加入してフリープレイを楽しんでみましょう。

関連記事
PS4のセーブデータをオンラインへ自動バックアップする [PSプラス]
PS4専用ソニー純正スタンドをレビュー!
PS4のコントローラーにイヤホン挿しても音が聞こえない!

 - PS4

スポンサーリンク
もしも記事がお役に立ったら、ぜひぜひシェアしていただけるとうれしいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

PS4のセーブデータをオンラインへ自動バックアップする [PSプラス]

PSプラスに加入すると、「セーブデータお預かり」というセーブデータのオンラインバ …

PS4専用ソニー純正スタンドをレビュー!縦置きするなら必要だな

どうも。ドラクエヒーローズでレベル99なのにアトラスが倒せず悪戦苦闘している黒猫 …

PS4のコントローラーにイヤホン挿しても音が聞こえない!って時の設定

どうも。PS4でドラゴンクエストヒーローズをプレイ中の黒猫です。 PS4のコント …

Fire TV Stickが来た!どうなの?何ができるの?ってことでレビューと感想です

先日購入したFire TV Stickが届きました。しばらく使ってみたので、レビ …

Top